佐倉城下町の公開文化財施設

  1. 旧堀田邸
  2. 佐倉武家屋敷 《佐倉城下の武家屋敷の解説はこちら》
  3. 佐倉順天堂記念館

 

■ 旧大名家の純和風木造住宅 旧堀田邸へ

  1. 江戸時代最後の佐倉藩主堀田正倫は、明治4年の廃藩置県に伴い、それまでの佐倉藩知事を免職されて、東京深川の屋敷で東京貴族の華族としての生活を送っていた。
  2. 明治17年の華族令で伯爵に叙せられた後、明治20年の宮内大臣布達で、在京華族に地方居住が認められたのを機会に佐倉居住を決意して、23年に別邸を建築して佐倉居住を始めたのが現在の旧堀田邸である。
  3. 旧堀田邸が建築された明治20年代の日本の建築技術は、江戸時代からの伝統技術に洋風技術が新たに導入され、近代化への過渡期に当たる時代であった。
  4. この旧堀田邸は、材料や工法の一部に近代化の要素を取り入れつつ、伝統的な技術を基本にした、旧大名家の邸宅建築として貴重な遺構となっている。

■ 往時の風情が漂う 佐倉武家屋敷へ

  1. 佐倉の武家屋敷は、明治維新になって廃藩置県、城郭の撤去、旧陸軍の駐留による軍人住宅への再利用等、激動の時代を経た。その後も、居住者の世代交代や建物の老朽化で、次第に住宅の解体や改造が進行した。
  2. しかし、昭和58年に武家住宅の全面的な調査が施行され、佐倉の旧武家屋敷も新たな時代を迎えることになった。
  3. 昭和60年に県指定文化財になった旧河原家住宅、平成6年に佐倉市の指定文化財になった旧但馬家住宅、それに文化財には未指定の武居家住宅の3棟が、屋敷の景観も含めてそれぞれに復元されて公開展示されている。公開されている場所は、往時には武家屋敷通りを形成していた鏑木小路である。

 

■ 蘭医学が花開いた 佐倉順天堂記念館へ

  1. 佐倉順天堂は、長崎に遊学後江戸に蘭医塾を開いていた佐藤泰然が、天保14年(1843)、時の佐倉藩主堀田正睦に招かれ、現在の順天堂大学の前身となった蘭医学塾「順天堂」を、佐倉に開いたのが始まりである。
  2. 佐倉順天堂の特徴は、オランダ医学の講義と実地医療が合わせて行われ、特に、優れた外科手術は当時の最先端をいくものだったといわれている。
  3. 当初開設したのは旧城下町東端に近い本町の通り北側であったが、安政6年(1859)に現在記念館がある南側の地に移っている。その敷地は、間口22間、奥行50間の約1100坪の広さで、病院棟始め多くの建物があった。

■本佐倉城(跡)歴史ガイド 

 □ 7名以上の団体

 □ 出発は大佐倉駅前

 □ コース・散策時間は調整可